トイレの水漏れで電気が怖い温水洗浄便座

日常的に使われるようになったウォシュレットは、普及率が7割にもなってきているといわれています。あって当たり前になりつつありますが、トイレの設備として水が使われており、電気も使って稼働している機械です。それだけにウォシュレット 水漏れは、トイレの中でも、大きな問題が発生してしまうことがあります。

■本体内部の水漏れには要注意

ウォシュレットは、本来は温水洗浄便座と呼ばれている機械です。ウォシュレットは、温水洗浄便座委の普及に大きな役割を果たしていますが、細かい部品が使用されているため、さまざまな部分で水漏れをしてしまう可能性があります。特に内部で水漏れした時には、電気を使っているので大変危険です。そのままでは漏電することも考えられますし、触れば感電する可能性もあるでしょう。異常があると感じた時には、電源を切ることが大切です。



■洗浄ノズルは水漏れを起こしやすい

他にもいろいろなところから漏れてくることがあります。洗浄ノズルは稼働する部分であり、清掃していないと動かなくなって水が漏れだすようなことも出てくるのが問題です。部品もどんどんと劣化していってしまうため、定期的に洗浄してメンテナンスをしていくことが重要です。トラブルを多く抱えてしまうことになるため、普段から気にしておくことが必要でしょう。トイレの中にありますが、ウォシュレットは、家電製品であることを忘れてはいけません。




■まとめ
温水洗浄便座は、日常的に使われるようになりました。しかし、精密機器であって、構造的にも家電製品以外の何物でもありません。故障したときには、購入先に連絡して修理を考えることも必要ですし、専門家に依頼してみてもらうことも大切です。特にメンテナンスという意味では、細かく考えていくべきでしょう。感電しないように対応することも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ