パッキンの劣化からトイレの水漏れ

トイレは毎日の生活で使用する大事な設備です。日々の中で使わないという日はありません。必ず使っていくことになりますが、いつか寿命がやってきます。水漏れが起きたとき、水漏れの原因によっては、トイレを交換するタイミングかもしれません。小さなトラブルが大きなトラブルになる前に、トイレの交換を考えてみてはいかがでしょうか。

■パッキンの劣化による水漏れ

水漏れの箇所によっては、便器を外さなければいけない場合が出てきます。排水口とつながる部分には、水漏れが起きないようにパッキンが挟まれていますが、パッキンは消耗品と考えられるほど劣化が起こりやすい部品です。そうなると、水漏れが大きな問題になってきますが、他の部分でも劣化している箇所が考えられるため、これを機に交換を考えてみるのもひとつのきっかけになるでしょう。表面のコーティングなども劣化してくるのですから、トイレを新しくすることで使用感が良くなるなど、メリットが生まれてきます。



■コーティングが劣化する時期

トイレを交換してみると、掃除が驚くほど楽になります。トイレは陶器ですので、割れてしまったり、物理的に使えなくなってしまったりするまで、寿命があるといえるでしょう。しかし、表面のコーティングなどは、どんどんと劣化していくことには違いがありません。便器表面に付着した汚れが落ちにくくなるため、交換を考えるのは時期的に適切なものになるでしょう。節水効果も20年経つと驚くほど進化してくるため、トイレ交換を検討してみる価値があります。





■まとめ
新しいトイレで、水漏れが起きるという状況はなかなか考えにくいものです。しかし10年以上たってくると、どうしても経年劣化から逃れることはできません。パッキンの劣化もどんどんと進むことを考えれば、交換の時期として検討してみるべきでしょう。節水の効果を考えれば、水道代にもかなりの違いが表れてくるのですから、比較してみることも必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ