早く修理をするべきトイレの水漏れ

早く修理をするべきトイレの水漏れ 日常生活の中で必ず使う設備がトイレです。人間が正常な生活を送るうえでは、絶対に使わない日はありません。それだけに、機能としてしっかりとしていなければ困ったことになるでしょう。トイレから水漏れが起こっている状態では、正常に使うことができません。さらに衛生上の問題も出てくることになるのですから、確実に修理して回復させていかなければいけないでしょう。

■温水洗浄便座も水漏れする可能性がある

トイレ 水漏れは、いろいろなところで起きる可能性があります。水を使っているところ、流す場所であれば、水漏れを起こす可能性があるからです。ウォシュレットもそのひとつで、水漏れを起こす可能性はゼロではありません。それどころか、定期的に清掃などのメンテナンスを行っていなければ、かなり高い確率で水漏れを起こしてしまいます。ウォシュレットは、水回りの機械の中でも細かで精密な作りになっているのが特徴です。ちょっとしたことで故障してしまうようなことも起きるため、水漏れを起こした時にはどうしたらいいのかを考えておく必要があるでしょう。特に電気を必要とするのが、ウォシュレットの特徴でもあります。機械内部に浸水してしまうと感電することも考えられるため、電源を落としてから対処を進めていくことが必要です。修理に関しても、素人ではかなり難しいことが考えられます。

■水が漏れてきたときにどうするか
トイレには水道が引かれています。水がなければ使用することができません。水を流して汚物を流す仕組みが水洗トイレになりますが、どうしても負担がかかるのが水道回りです。水漏れも起こりやすい場所であり、修理も考えていかなければいけないでしょう。しかし、強い圧力がかかっていることから、場所によっては水浸しになってしまうようなことも出てきます。大きな被害につながることもありますから、十分な注意が必要になるでしょう。止水栓の場所も確認しておくことが必要ですし、どうしたらすぐに止水栓を締められるのかを知っておかなければ、いざというときに困ってしまいます。手で締められるものもまれにありますが、マイナスドライバーや専用工具が必要で、止水栓が固着していることもあるので、事前に状況は確認できるようにしておくべきです。

■いつか壊れてしまう場所

トイレの便器そのものは陶器でできているため、便器が割れない限りは長い間使用することができます。しかし、タンクに使用されている部品や排水管の寿命が、便器の寿命よりも早く訪れます。また、使用すること自体に問題はなくても、便器の汚れが落ちなくなってきたり、水の使用量が気になってくるようになれば、これも寿命と考えることができます。もっとも、何かをぶつけてしまって物理的に割れてしまうようなこともあるでしょう。水漏れを起こしてしまって、便器を交換しなければいけないようなことも出てきます。水漏れを起こした時には、便器を外さなければいけないことも出てくるため、これを機に交換するといった選択もあります。便器を取り付けてから十年から十数年経っていれば、トイレのリフォームを行うきっかけにもなります。新しく販売されている便器は、汚れが落ちやすい素材で作られていたり、節水機能が向上していたりするため、長い目でみれば交換することで大きなメリットを得ることができます。

■まとめ
トイレはトラブルが起きない場所ではありません。それどころか、もっともトラブルが起きる水回りとも言われています。修理の必要も出てきますし、部品交換も考える必要があるでしょう。大事な設備だからこそ、メンテナンスの必要性も高い場所です。問題が起きた時には、一体どうしたらいいのかということも、焦らず考えておく必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース